2017-10-04

落ち込んだので「最高の人生の見つけ方」を鑑賞した。

昔偉人ブログで見た「レディースアンドジェントルメン!ボーイズアンドガールズ!ドッグアンドキャット!カレーアンドコーヒー!フローリングアンドバルコニー!」っていう出だしのボケがすごい好き。どうもしましまです。

最近ちょっとご無沙汰でかつ投稿に遅れが生じておりましたが思うことがあったので(いつも何にも考えてないみたいだなこの言い方)ちょいとキーボードを叩くことにしました。

というのも本日とっても複雑なことが職場でありました。まぁ端的に言えば仕事仲間がとあるコンテストで全国1位を獲ったんですよ!えらいこっちゃです。素晴らしいことです。だって会社始まって以来初の快挙ですよ。とんでもねぇこっちゃ。もちろん喜ばしいことだし、刺激になるし、嬉しいんだけど僕はそれを「おめでとう!」と満面の笑みと心からの賞賛でお祝いすることができるほど人間ができちゃいません。

正直、悔しい!もどかしい!

上司が気を利かせてくれてフォローというか話をしてくれた時も僕は「自分の実力が足りないんで当たり前です」「実際、僕もあの作品が良いと思ったんで」「僕はやれてないんで、当然です」なんて言ってましたが、強がってるのモロバレ笑。

「しまさんのやってきたことは無駄にはならないからね(折れずに続けろよの意)」「理論武装するんじゃなくて、もうちょっと素直になりなよ(悩んだ時はちゃんと聞けよの意)」って言われた時にゃもう結構泣きそうになってるわけですよ恥ずかしながら。

そんな状態だから会社では溢れ出る感情を抑えるのが大変でした。車内は祝福ムードでも僕としては「ちくしょう…」の気持ちが消えません。しかも仕事中イラレが飛ぶし(そういう時に限って保存をし忘れている)。

でも悪いことばかりでもなく、周りが「おめでとう〜!」「すごいな!」「壇上楽しみだね!」という声が飛び交う中、感情をなくした顔でデスクに向かっている僕のもとへ来てくれて

「今回はダメでしたか…ごめんなさい。また面白いお客さん獲ってきますから、一緒に頑張りましょう!」(エントリー作品のパートナーだった営業さん)

「元気出してくださいよ〜!」(同い年の営業さん)

と声をかけてくれる仲間もいたから、切り替えて元気出して頑張るか!と帰り道につきましたが、一人になった途端やっぱり沈むんですよね〜くらい帰り道。握りしめた傘を地面に叩きつけたいぜとか何回も思いましたが傘に罪はありません。我慢です。ぐう。

そうモヤモヤしながら地下鉄に乗った時にふと思いついたのです。

 

amazon primeプライムビデオのウォッチリストに入っている映画で見て気分を切り替えよう。

とね。つっても、こんな時に

【リング】

【らせん】

【回路】

【デッド寿司】

【テルマエ・ロマエ】とか見ても

全然気分が晴れんな

と思ったから

【最高の人生の見つけ方】

をチョイス。

イヤホンを耳につけ、再生開始。ほんと便利な時代だぜ。途中、晩御飯&娘と戯れる時間&読書(勉強)タイムを挟みましたが、ラスト5分で涙と鼻水を垂れ流しながら深夜0:30頃鑑賞を終えました。

結論から言えば、良い気分転換になった(笑)。

劇中にはカーターとエドワードの会話を通じて数々の歴史上の名言・名台詞・格言が飛び交いますが、そのひとつひとつが荒んだ心を浄化させていきます。二人部屋の病室での数奇な出会いが、人生の最後を彩り真の幸せに導いていく…こんな人生だったら素晴らしい。この映画をキッカケに自分が良いと思ったこと、人を幸せにするということを、自発的にできるようになると良いよねって思いました。今までの自分の人生を振り返ると(早いけど)、まだまだ足りていない。

『古代のエジプト人は死に対し壮麗な信仰を持っていた。魂が天の門を通ると、神が二つ質問をするんだ。その答えによって天国にいけるかどうかが決まるんだ。一つは人生で喜びを得たか? 二つ目は自分の人生は他人に喜びを与えたか?だ。』その二つの質問に、イエスと答えられる人生をこれから歩んでいかなくちゃね。
心と体を健康にして、明日からまた頑張ろう。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA