2017-11-27

家を買った話【5】

いやーだいぶご無沙汰になってしまいました、この誰が見てるかわからないブログ(自虐)。最近いろんな人からありがたい言葉というか、アイディアのエッセンスをいただくことが多くあり。一時期の出口の見えない迷路メンタルから抜けつつあるので、また更新をしていこうと思います(三日坊主を繰り返してもいい)。

メルカリで800円で買ったメトロン星人のフィギュア。親友にはバカにされました。なぜだろうか・・・。

 

買っちまったよ!家!

前回までの流れ その 【1】【2】【3】【4】

家探しを始めてわずか2週間。マグレで出会ってしまった、値段的に買えなくもない超優良物件。早くしないと無くなるのは必至。あなたならどうしますか(割と本気でいろんな人に聞いてみたい笑)。

僕の場合は夢が「地元にずっと住む」だったので、立地的には満点。子どもの保育園も変わらずに済む。広さ的にはチト狭い気もするが建物のデザイン性は良く、3階建てあることを加味すれば上等。値段も当初より●●●万円下がった(のちのち裏側を聞くと決算期ということで早く売り切りたい、ということでした)。

懸念としては僕らが決める段階ではまだ住んでいる人が少ない(10棟弱の物件に対して3世帯だったかな)。どんな人かわからない(両隣のお宅はすでにお住まいでしたが)。ということ、あとは住んでみないとわからないということでした。

僕の場合諦めが早く切り替えも早いので「まぁここでだめだったらまた探せばいっかー」と思っていたのですが、何事にも行動が早い(いいところでもあり裏目に出ることもある笑)妻からすると「こんないいところなかなかないよ!何が不満なの?」と最終的には強く背中を押されまして、めでたく(?)ここに決めることに相成りました。いやでも本気で怖かった笑。家買うんだよ?笑。

あ、でも僕の背中を押してくれた要因というのは他にもいくつかありました。

■高校時代からの親友、釣友であるIのところも新婚2年目で家を買ったこと(そこで住宅ローン控除とか住まい補助金とかの話を聞けたことで金額面での心配事が少し減った)。

■直属の上司も家を買ったこと(場所は違いますが広くて庭付き一戸建て犬もいる。これはこれで羨ましい・・・)

■会社の営業の大先輩も「買うなら今だ!買っとけ!」と言ってくれたこと。(そしてその大先輩は引っ越しして僕の超ご近所さんに・・・笑)

ちなみによくあるらしいのが「親に相談」「かつ親に援助をお願い」というパティーンですが、僕の場合は両家のお父さんお母さん(うちの親父は別ですが)にいろいろ意見をもらって決めたかったのですが「好きにしなさい」「金も口も出さないから自己責任でがんばれ」というスタンスだったので背中を押されもせず止められもせずでした。(俺が親の立場だったら心配してあれこれ口出しそうですので彼らのスタンスをしっかり覚えておこうと思います。笑)

かくして、2017年7月中旬。わずか家探し2週間で(といっても決まる場合はそんなもんらしいけど)、一生住む予定の地元に家を買うことになったのでした!

後工程に関してはまた後日(というか書く気が起きたら)。

住んでみて〜の話も、同じく。笑

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA