2018-01-08

エックス 16.1-ジャパン HGを買って、履いてみた。

定期的にランニングを続けているしましまです。そのおかげか、年末から調子がサッカーの調子が良くて3週連続でゴールを決めておりました(しましま的には珍しい)が、昨日の試合であえなくストップ。でも嬉しいことがありました。

いいぞ!エックス 16.1-ジャパン HG!

前回のブログで16.2に慣れてきたことは書きましたが、今回は16.1が思いのほか良かったのでご紹介です。トップモデルとテイクダウンモデルでこれだけ違うかー(16.1は定価¥20,509に対して16.2は¥14,029/※adidas公式サイトより)。値段の差は約6,000円。プレーした感覚で決められるのであればハナから16.1ですね僕は。

全然違う16.1と16.2のチガイ。

■一言で言うと、柔らかい16.1。硬い16.2。
いきなり結論。一番の差は履き口の硬さです。履きやすい16.1、履きにくい16.2と言っても過言ではない。なんつーのかな、なんでこんなに硬くした?と思うくらい16.2が硬い。そこは16.1のままでいいじゃん!テイクダウンにするならアッパーの素材とかスタッドとかさー、いろいろあったじゃん(笑)!adidasさん生意気言ってほんとすみません。でも、まじで16.2は車だったらリコールくるよ(履ける=乗れるレベルだけどさ!笑)!とか思いました。

■16.1は甲が高い人向けだったのが適正に?
僕の愛読ブログ Kohei’s BLOG ではどちらかというと16.1の発売当初のモデル(シルバーカラーやレッドカラー)は評価がそこまで高くないように見受けられたのですが(特に甲高なので内側のテックフィットソックスがブカブカになるケースがあった)、ちょうど1年前に掲載された記事を見るとこの甲高過ぎてブカブカ問題は解消されたようですね。僕も今回のモデル(グリーン)を履いてみてまったく甲高モデルな感じなかった。内情としてはわかりませんが良かった。

これほど初履きでしっくりきたスパイクはなかなかない(それこそF50の初代以来かも)ので大事に履いていこうと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA