2018-04-25

名古屋から東京のフェスに行く人に「飛行機で」という選択肢はアリか?

屋外Fesシーズン到来!ですねぇ。

しましまはここ2年大阪or東京のMETROCKに遊びに行っていました。とても良いフェスだったので名古屋の人にもぜひたくさん行って欲しいなぁと思って、今回は名古屋→東京へのアクセス方法のあれこれを語りたいと思います(おせっかい中のおせっかいでしかも微妙に遅い共有)。

ふつう新幹線がメジャーな交通手段の選択肢に挙がりますよね。というわけでまずは新幹線を検討してみました。

名古屋から東京のフェスに行く人、普通は新幹線を選ぶと思う。

そうそう、画面の前のあなた。間違ってないですよー。一応、おさらいしときましょか。

<新幹線(ぷらっとこだまの場合※ツアーではないプラン)の料金・時間>

■ぷらっとこだま普通指定席の料金(通常期8,300円 繁忙期9,500円)

■所要時間はこだま632号 名古屋駅7:29発→東京駅10:16着→京葉線東京駅10:25発→新木場駅着10:35

うーん。METROCKに限って言えばですがオープニングアクトの時間がだいだい11:00台ってことを考えると、間に合わせたいなら名古屋7:29発、これ一択になりますね。新木場からも結構歩きますし(シャトルバスでも並ぶので、同じくらいの時間かかると思った方がよいです。)。

というかぷらっとこだま単体利用で致命的なのは20:26という終発の時間か・・・ヘッドライナー(トリ)まで見てしまうと結構絶望的な時間です。というわけで、往復このプランで名古屋から日帰りは限りなく無理があるという結論に至るかと思われます。

<新幹線(JR東海ツアーズ日帰りプラン/日帰り1day東京スペシャル)の料金・時間>

■往復新幹線代で1万5,300円(東海キヨスク・お弁当売店または東京駅一番街で利用可能な1,000円の利用券付)

■始発便(ひかり500号 名古屋発6:20→東京駅8:13)はかなり早め。その他、のぞみ・ひかりも多く、追加料金も無しで選べます。移動時間は極力短い方が良いぜ、って人はのぞみを選ぶと約1時間40分で着きますからね。新木場までも余裕を持って移動できます。ちなみにギリギリに間に合う便だと、上記ぷらっとこだまと同様のこだま632号です。まぁどのみち7:29が名古屋発のデッドラインてことですね。しゃあない。その代わり、終発は22:00東京駅発→名古屋駅23:49と、トリまで見られるというメリットもあります。地下鉄や名鉄・JR・近鉄も場所によっては終電で帰れなくもないですね。

 

ANAという選択肢はアリか?

というわけで2017年は実際に行ってみました。飛行機で日帰りMETROCK TOKYOへ。

したらね

■中部国際空港セントレア→羽田空港(ANA旅割75適用)で6,500円!(※名古屋駅から中部国際空港は名鉄で870円)

■所要時間もセントレア7:55発(※名古屋駅起点だと6:28とちょっと早めですが)→9:00羽田着→新木場駅着10:15

と、余裕で間に合いました。アリだぞ!ANA!(※ただし条件付き後述)

そもそもなんでこんなこと考えたのか。普通に名古屋から東京へお出かけというと悩まされるのが交通費(僕のような遊び好きにとって定額おこづかい制は財政的に非常にきつい笑)。貧乏リーマンは辛いのです。そこで「少しでも安くならんかなー」といろいろ考えてみたところ浮上したのが【飛行機】だったんですね。だってね、

セントレア↔️︎羽田便って旅割で早めに予約すれば(※旅割75適用:出発日の75日前までに予約)たったの6,500円で行けるんですよ!安いし、飛行機乗れるし(やっぱ空を飛ぶっていいよね)、飛行時間1時間やし。こりゃええぞ、というわけです。もう1ヶ月くらいしかないので良い共有にはならんかもしれませんが(※4/25現在:調べて見たら5/26で8,200円、27日で8,100円でした)サマソニやROCK IN JAPANはもちろん冬のCOUNT DOWN JAPANにも汎用が利くのではないかなと思います。まぁ普通に東京行くのにはいわずもがなです。

ただこれの弱点は「搭乗の1時間〜45分前」には空港に着いていないといかんところ。結局早起きは必須なわけです。そして大事なポイントは日帰りの往復では使えないところ(爆)。ANAは羽田→中部国際空港は17:30しか飛んでないんですよね・・・(※ちなみにJALも18:55でトリまで見ると当然間に合いません)。しましま、トリまで見たかったから結局帰りは普通にEXで予約した新幹線(のぞみ)の終発で帰りましたよ。結局ね。新幹線が確かEXの割引で1万円くらいだったので、往復1万8,000円くらいでしたね。新木場までの電車代やセントレアまでの電車代を考えるとそんくらいかかっちゃいました。おうふ。

「あれ?これ結局めんどくさくね?」と思った方、はい、ごもっともです。

まとめると

■<新幹線(JR東海ツアーズ日帰りプラン/日帰り1day東京スペシャル)をさっさと予約するのが一番良い(笑)。

と思います(オープニングアクトに間に合うような早い便・トリまで見られるような遅い便は座席数に限りがあります)。1,000円分の利用券でお土産も買えるしね。

「泊まるから往復ないし片道飛行機でもいいかな」「家が名駅より知多半島よりだから飛行機もありだな」という方はもちろん、しましまのように「飛行機オタでフラップやエルロンに萌える」という変態物好きさんにはANAやJALもおすすめしておきます。

ちなみにしましま、今年のMETROCKは諸事情により行けません。なので地元愛知の【森、道、市場】に初めて行く予定。くるりやスペアザ、キュウソなどもともと好きなアーティストが出る13日(日)が今から楽しみです。秋にはSWEET LOVE SHOWERにも行きたいなぁ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA